top of page

自己紹介

北京大学カブリ天文天文物理研究所(KIAA)で天文学の研究をしています。専門は130億年前の初期宇宙に存在する巨大ブラックホールの観測的研究。

2018年3月に総研大で博士号を取得した後、ドイツ・マックスプランク天文学研究所(MPIA)で4年ほど研究員として働いていました。2021年12月に北京大学KIAAと東京大学Kavli IPMUのジョイントフェローとして着任しました。

これまでの研究では主にすばる望遠鏡Hyper Suprime Camのサーベイデータを使った遠方クェーサー探査と追観測に携わっています。MPIAでは当時最遠方となる赤方偏移z=7.5クェーサーの深い近赤外線分光データを使って、最遠方でのブラックホール成長と母銀河の化学進化についても研究していました。

今後数年間はPI観測時間を獲得したJames Webb宇宙望遠鏡のデータを使って遠方ブラックホールと母銀河との共進化の様子を詳しく調べます。Euclid衛星やすばるPFSなどの将来計画にも携わる予定です。

GH011424.jpg
bottom of page